BNPパリバが展開する新たなオープンイノベーションプラットフォーム

プラットフォームを自前構築してオープンイノベーションを推進

 

 金融業界も近年になってフィンテック領域でのスタートアップの増大や大手金融機関でのグローバルでの投資拡大により環境が大きく変化し、新サービスの開発競争も激しさを増している。

 

 そんな中、大手銀行のBNPパリバは競争力強化に向けて、スタートアップとの協働によるイノベーションを生み出すオープンイノベーションの取り組み活性化を積極的に進め始めている。

 

 BNPパリバはオープンイノベーションを推進する自行のプラットフォームとして2016年11月17日に「Open Up」というスタートアップとBNPパリバの新サービスを検討する担当者をマッチングするプラットフォームをリリースした。

 

 OpenUpはBNPパリバとスタートアップの相互交流を促し、オープンイノベーションをより活発化させることが期待されている。

 

 

1.オープンイノベーションプラットフォーム「OpenUp」誕生の背景

 

 OpenUpは、BNPパリバと協業して新サービス開発を行ってきたスタートアップの不満の声をキッカケに生まれた。

 

 スタートアップはBNPパリバに自社のサービス/技術を活用して新たなサービス開発の協働の行おうと思っても、グローバルで20万人近くいるBNPパリバの従業員の中から提案に対応可能な担当者を探してアプローチすることが非常に困難だった。

 

 新たなサービス開発が可能な有望フィンテック系スタートアップの獲得競争がグローバルで行われる中、有望スタートアップからの提案を見過ごすことにつながりBNPパリバにとっても大きな機会損失となる可能性があった。

 

 そこで、スタートアップが自社のアイデア/技術を活用した提案に興味を持つBNPパリバの担当者に容易にアプローチできるようにする仕組みとして考案されたのがOpenUpだ。

 

 

2.スタートアップとBNPパリバ双方からプラットフォームで協業提案

 

 スタートアップの提案を必要とする担当者へのアプローチを容易に OpenUpはスマートフォンのアプリ、Webサイトから利用できる。

 

 スタートアップはOpenUpのメニュー「Experts」で、自分たちが事業をしている国/地域、自社の事業に関連したキーワードで自社の提案を必要としていそうなBNPパリバの担当者を簡単に検索し、メッセージを送ることができる。

 

 例えば、事業展開している国を日本とし、機械学習/カスタマーサポートといったキーワードで検索する。すると、カスタマーサポートで日本を担当地域としてカバーしているBNPパリバの担当者が表示される。

 スタートアップは、その担当者に対してプラットフォーム上からメッセージを送り、協業提案を行うことができる。
 

 BNPパリバ側も、ただスタートアップから協業の申し出を待つだけではない。BNPパリバの担当者が実現したいビジネスアイデアがあれば、そのアイデアをスタートアップに対して提案できるのだ。

 

 OpenUp上にサービス化を目指すビジネスアイデアをプロジェクトとして公開し、そのプロジェクトに参加してくれるスタートアップを募って協業交渉を行うことができる。

 

 

3.OpenUpでオープンイノベーションはより活発に

 

 グローバルでは金融業界におけるアクセラレータプログラムを活用したオープンイノベーションの取り組みは定着してきた感がある。

 

 しかし、アクセラレータプログラムにおいて、金融機関は協業可能なスタートアップを広く募るが期間を限定して提案を受けるという「待ちの姿勢」に仕組み上なってしまっていた。

 

 こういった取り組みではBNPパリバにとって有望なアイデア/技術を持つスタートアップであっても他の取り組みなどの状況により、アクセラレータプログラムの実施期間が合わず、スタートアップがタイミングよく協業を持ち掛けることができなかったりなど、オープンイノベーションを実現する上で多くの機会損失があった。

 

 しかし、OpenUpはそのような状況を変えて機会損失を最小化することを目指している。スタートアップは自社の提案を必要としているであろうBNPパリバの担当者に対して常時提案を行うことができ、BNPパリバ側も新たなサービス実現のために、常時協業することが可能なスタートアップを募ることができるようになった。

 

 OpenUpはBNPパリバとスタートアップの接点を生み出す場を継続的に生み出すことでオープンイノベーションを加速する仕組みとして機能させることが期待されている。

 

 従来のアクセラレータプログラムなどのような期間を絞った協業先スタートアップ開拓の取り組みに留まらない、BNPパリバによるOpenUpの常時大手企業とスタートアップをマッチングする仕組みは、今後の金融機関やその他の大手企業とスタートアップとのオープンイノベーションの取り組みの新たな選択肢として注目される。

 

 

前の記事へ  BLOG TOPへ  次の記事へ

執筆者

株式会社ベルテクス・パートナーズ

INNOVATION SOLUTIONチーム

 

大手通信会社、総合商社、大手メディア企業、クラウドベンダーなど多様な業種での新規事業創出推進支援を実施。各メンバーの支援実績や知見の活用と外部パートナーとも連携しながら業種を問わず大手企業における新規事業/イノベーション創出に関連するソリューションを提供。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

RPAの次はナレッジワークの生産性向上。Narrative ScienceのAIソリューション

2018/03/06

1/10
Please reload

最新記事
Please reload

AI/機械学習活用や
イノベーション/新規事業創出/業務改革のご支援についての
サービス詳細やご相談は
下記よりお気軽にお問い合わせください
メールでのお問い合わせはこちらから
info@vertex-p.com